LTspice(mac) 部品(モデルファイル)の追加の方法

スポンサーリンク

はじめに

mac版のLTspiceに部品を追加する方法を書いて行く。
今回使う部品はオペアンプNJM2904。

モデルのダウンロード

まず下記のサイトからファイルをダウンロードする。

www.njr.co.jp

f:id:shangtian:20181230081530p:plain

ダウンロードしたZIPファイルを解凍して
njm2904_v2.libを編集して行く。

モデルの編集

このダウンロードしたモデルは2回路入ってるモデルなので
編集して1回路のオペアンプモデルにする必要がある。

vimを使って編集する。

$cd ~/Downloads/NJM2904_v2_NewJRC/NJM2904_v2_NewJRC 
$vim njm2904_v2.lib

ダウンロードしたモデルの全文は以下の通り

* PSpice Model Editor - Version 10.5.0
*$
*PART NUMBER:NJM2904
*BIPOLAR OPAMP
*Version:2
*Please note that the inaccuracy is involved to it when you use this model.
*Please refrain from the model's resale.
********************************************
*Model Generated by NEW JAPAN RADIO CO.,LTD*
*            All Rights Reserved           *
*   Commercial Use or Resale Restricted    *
********************************************
.SUBCKT NJM2904 OUT1 -IN1 +IN1 V- +IN2 -IN2 OUT2 V+
X1 +IN1 -IN1 V+ V- OUT1 njm2904_s
X2 +IN2 -IN2 V+ V- OUT2 njm2904_s
.ENDS NJM2904
*$
* connections:    non-inverting input
*                 | inverting input
*                 | | positive power supply
*                 | | | negative power supply
*                 | | | | output
*                 | | | | |
*                 | | | | |
.subckt njm2904_s 1 2 3 4 5
C1 11 12 {C1}
C2 15 16 {C2}
CE 10 0 {CE}
RE 10 0 {RE}
D1 16 17 DMOD1
D2 17 16 DMOD1
D3 5 18 DMOD2
D4 19 5 DMOD2
D5 10 20 DMOD2
VTL 3 20 {VTL}
GB 16 0 15 0 {GB}
GA 15 0 11 12 {GA}
GC 0 17 5 0 {GC}
GCM 0 15 10 0 {GCM}
ITL 3 10 {ITL}
Q1 11 2 13 PNP1 
Q2 12 1 14 PNP2 
RO1 16 5 {RO1}
RC 17 0 {RC}
RO2 16 0 {RO2}
R2 15 0 100E3
RC1 11 21 {RC1}
RC2 12 22 {RC1}
VRC1 21 4 {VRC}
VRC2 22 4 {VRC}
RE2 10 14 {RE1}
RE1 10 13 {RE1}
ICE 3 4 {ICE}
RP 3 4 {RP}
VE 19 4 DC {VE}
VC 3 18 DC {VC}

.MODEL DMOD1 D(T_MEASURED = 25 IS = 2.70E-31)
.MODEL DMOD2 D(T_MEASURED = 25 IS = 8.00E-16)

.MODEL PNP1 PNP (TREF = 25 IS = 8.00E-16 BF = 4180.909091)
.MODEL PNP2 PNP (TREF = 25 IS = {ISM2} BF = {BFM2})

.PARAM
+ C1   = 3.22E-10
+ C2   = 4.39E-10
+ CE   = 0.00E+00
+ GCM  = 1.36E-07
+ GA   = 2.42E-03
+ GB   = 15.89
+ GC   = 1.86E+04
+ ITL  = 2.30E-04
+ RC1  = 413.07
+ RC   = 5.37E-05
+ RE1  = 189.57
+ RE   = 8.70E+05
+ RO1  = 49
+ RO2  = 26
+ RP   = 6.67E+04
+ VC   = 2.306878
+ VE   = 0.8083
+ VTL  = 1.52E+00
+ VRC  = 0.35
+ ICE  = 460.0E-6
+ ISM2 = 8.5740985E-16
+ BFM2 = 5110

.ends njm2904_s
*$

まず下のコード部分をコメントアウトする

.SUBCKT NJM2904 OUT1 -IN1 +IN1 V- +IN2 -IN2 OUT2 V+
X1 +IN1 -IN1 V+ V- OUT1 njm2904_s
X2 +IN2 -IN2 V+ V- OUT2 njm2904_s
.ENDS NJM2904

コメントアウトは* 下のコードのように変更する

*.SUBCKT NJM2904 OUT1 -IN1 +IN1 V- +IN2 -IN2 OUT2 V+
*X1 +IN1 -IN1 V+ V- OUT1 njm2904_s
*X2 +IN2 -IN2 V+ V- OUT2 njm2904_s
*.ENDS NJM2904

次にnjm2904_sをnjm2904に変更する

* connections:    non-inverting input
*                 | inverting input
*                 | | positive power supply
*                 | | | negative power supply
*                 | | | | output
*                 | | | | |
*                 | | | | |
.subckt njm2904_s 1 2 3 4 5
C1 11 12 {C1}

変更後

* connections:    non-inverting input
*                 | inverting input
*                 | | positive power supply
*                 | | | negative power supply
*                 | | | | output
*                 | | | | |
*                 | | | | |
.subckt njm2904 1 2 3 4 5
C1 11 12 {C1}

シンボルのピンナンバーの適用

まずコンポーネントかたopamp2を選択する

f:id:shangtian:20181231153929p:plain

パーツを右クリックして以下の画面を開く
f:id:shangtian:20181231154127p:plain

open Symbolを選択する f:id:shangtian:20181231154148p:plain

ここで右クリックする

f:id:shangtian:20181231154406p:plain

右クリックした後Viewからpin Tableをクリック f:id:shangtian:20181231155002p:plain

pin Tableにダウンロードしたモデルを対応させる f:id:shangtian:20181231155020p:plain

f:id:shangtian:20181231155231p:plain

non-invertingは非反転、invertingは反転。 記号で書くと non-inverting +
inverting -

一致しているので今回は編集しなくて大丈夫。
もし違っていた場合はモデルファイルのほうのピンナンバーを
変更する。

ライブラリへのコピー

モデルが保存されているのはmacの場合

~/Library/Application\ Support/LTspice/lib/sub

まずlibフォルダーに移動する

cd ~/Library/Application\ Support/LTspice/lib

編集したモデルファイルをこのsubフォルダーにコピーする
cpコマンドを使って

cp ~/Downloads/NJM2904_v2_NewJRC/NJM2904_v2_NewJRC/njm2904_v2.lib sub/

これでモデルのコピーは完了

シンボルとの紐付け

この画面をもう一度開いて右クリックする

f:id:shangtian:20181231154406p:plain

次にattribute tableをクリックして f:id:shangtian:20181231154536p:plain

ModelFileの欄にモデルファイル名を入力
またvalueの値をopamp2からNJM2904に変更
する。

njm2904_v2.lib

f:id:shangtian:20181231161833p:plain f:id:shangtian:20181231162304p:plain

最後に保存する。メニューバーからファイルを選択して
save asをクリックする f:id:shangtian:20181231163248p:plain

njm2904.asyでファイルを保存する。

f:id:shangtian:20181231163303p:plain

増幅回路

モデルが追加できたので試しに増幅回路で趣味レーションしてみる。
f:id:shangtian:20181231165948p:plain

うーむうまく動いてるかな f:id:shangtian:20181231170003p:plain

<参考文献>

用語検索 非反転入力 (non inverting input)

qiita.com