processing

Processingで シリアルポートを調べる

はじめに 忘れがちなのでメモ シリアルポートの確認 使用可能なシリアルポートは以下の コードで確認出来る。結果は コンソールで確認できる。 import processing.serial.*; Serial myPort; printArray(Serial.list()); 結果は下の写真 import processing.se…

processingでcsvファイル出力

csvファイル出力 コードの解説 <参考文献> csvファイル出力 csv形式で保存してみる 今回は下式のxに正数を100まで代入し x,yの値をcsvファイルに保存する y = 2*x 以下がProcessingのスケッチ PrintWriter file; float x, y; void setup() { file = createWr…

processing.jsを使ってみた

・目的 ・使用したもの ・方法 (1)processing.jsをダウンロード (2)index.html (3) processingのコード (4)まとめ ・目的 webページ上でprocessingを 実行出来るprocessing.jsを使って みた。 ・使用したもの Raspberry pi(rasbian) Apache2 mac…

processingにてcsvファイルを読み取り 

・目的 ・使用したもの ・方法 ・結果 ・目的 Arduinoから送られてきたデータを保存したcsvファイルを processingで読み込 み、グラフとしてプロットする。 ・使用したもの ノートpc(Windows 10) Processing IDE ・方法 プログラムコードを図1に示した。…

Arduino-processing シリアル通信により連携させる その3

・目的 ・使用したもの ・方法 (1)回路を組む (2)Arduino側のプログラム (3)processing側のプログラム ・結果 ・目的 複数のセンサーの値をarduino側で読み取りシリアル通信にてデータをprocessing側に送信する。Processing が受け取った値に対応し…

processing JSON web APIを使って天気情報を表示させる

・目的 ・使用したもの ・方法 (1)天気予報サービスを利用する (2)プログラムコード ・結果 ・考察 ・目的 JSON形式のweb APIを使ってProcessing にて天気予報を表示させる ・使用したもの Processing 3.2.1 ノートPC(Windows 10) ・方法 (1)天気…

Arduino-processing シリアル通信により連携させる 改良版

・目的 前回の実験ではArduino側で読み取った値をうまくprocessing側に表示 できなかった。ここの改善を図る。 ・方法 (1)arduino側プログラム Arduino側のint型は2バイトで0~1023を表示可能だが シリアル通信によって送ることが可能なデータ量は1バイ…

Arduino-processing シリアル通信にて連携させる

・目的 ・使用したもの ・方法 (1)回路 (2)Arduino側のプログラム (3)processing側のプログラム (4)実行 ・結果 ・考察 <参考文献> ・目的 Arduinoで所得したデータをシリアル通信でprocessingに送りグラフを表示。 ・使用したもの Arduino un…